2014年09月30日

License to Kill

ltk.jpg

007のタイトルバックにオリンパスOMが〜
OM-4Ti
自分が持ってるOM-Dの元祖ですな

License to Killは007シリーズの中でもかなりシリアスで
残酷シーンも結構あってあんまり評判は良くないけど
Qが大活躍でいい味出してるから好き

悪役倒した後のエンディングもかなり好き
なんかほんわかするよ

007役ではティモシー・ダルトンが一番好きなんだよね〜
映画館で初めて観た007が
The Living Daylightsってのも有ると思うけどね
posted by mello at 20:50| 福岡 ☁| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

ソウル・バス

ソウル・バス
アメリカのデザイナーでCIや映画のタイトルバックなんかでデザインしてる

一番有名なのはコレ、
サイコタイトルバック



今じゃ良く見るタイトル処理なんだけど、初めて見たら凄く新鮮だよね

そのソウル・バスが満を持して監督した映画が
「フェイズIV・戦慄!昆虫パニック」
B級臭い邦題のタイトルの付け方はどうにかならなかったのかな…



    

高度な知能を持った蟻と人間の攻防を描く!!
SF好きの自分としては絶対見たい映画だったんだけど
この前ようやく見る事が出来た!!


感想はう〜〜〜む
映像自体はらしくて目線が斬新なんだけど
いかんせん淡々としてて眠くなる!!
なんか盛り上がりに欠けるんだよね…
音楽も前衛音楽みたいで抑揚があんまり無いし

でも凄いって思ったのは蟻に演技させてる所
正直人間よりも蟻の方が凄くいい味出してると思ったよ

    

あんまりオススメはしないけど気になる方は一度見てくだされ
といってもレンタルに置いてる店を探すのが大変かも〜
posted by mello at 23:33| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ぶれあうぃっち!!

今更ながらブレアウィッチプロジェクト見ましたよ!!

手ブレカメラでの撮影という事で覚悟してたけど
やっぱりよろよろしてきた…
これは映画館で見たら酔いそうだぜ!!

中身はみょ〜なリアルさがあって面白かったね
夜中にテントに忍び寄ってくる怪しい人たちはさっぱり移さないから
どんなやつらが襲ってきてるのか分からなくてドキドキした〜
最後のゴトッて音とともにカメラが横倒しになるのが怖かった
後姿の人も気味悪いし後味は物凄〜〜〜〜〜く悪い

でもまぁまぁ楽しめたかな〜
2もあるらしいので今度借りてみよう♪

posted by mello at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

いーてふ

近くのGEOがレンタル一本80円キャンペーンしてたので借りに行ってきた〜
借りたのは
E.T.
ミッションインポッシブル3
パイレーツオブカリビアン2
Vフォーバンデッタ
の4本

最初にE.T.見た
久しぶりに見たけどやっぱり面白いね〜
内容も全部知ってるんだけどやっぱりドップリはまって見てしまう
特に終盤のBMXチームが空飛ぶところの爽快感は凄いよね
それにE.T.を捕らえようとする軍団の家に侵入してくるところはいつ見ても恐ろしい
普通の防護服なのにコッチのほうが恐怖の宇宙人に見えてしまう

E.T.ってそうそう見ることは無いんだけど
ずっと見ていく映画なんだろうな〜

1週間レンタルなので他の映画はおいおい見ていこう

posted by mello at 10:48| Comment(2) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

Top Gun

久っしぶりにTop Gun見た〜
ストーリーは単純明快でいかにもな感じがアレなんだけど、戦闘機から見える空とか飛んでるところとか、とにかく空がキレイ
まさしく大空を駆け巡ってるところとか凄ーーーーく気持ちいい!!
それと音楽の使いどころがうまいね!!よく言われてるようにまさしくMTV見てるよう
自分の19インチのしょぼいTVでもこれだけ気持ちいいんだから、大型TVとかだったら凄くいいんだろうなぁ〜
ちょっとだけTV買い換えようかなと思った次第でありまする〜

posted by mello at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

剣と魔法のファンタジー Parte 2

自分的最強のファンタジー物「Willow」

willow1[3].jpg

willow2[1].jpg

全体的にダレることなく最後までドキドキわくわくで見る事が出来るのが◎
ファンタジーはこうでなくっちゃ!!
ちょっとしたコメディっぽい所もあるし、ジーンとさせる所もあるし良質映画とはまさにこれの事!!
俳優も役とピッタリはまってて、絶対これ以上の配役は有り得ないっ
指輪物語とちょっと被る所があって下敷きにしてるんだろうなって思うときもあるけど、それもうま〜く溶け込んでて良い感じ

willow4.jpg

下のキャラがワーウィック・デイヴィス演じる主人公のウィロー、上のキャラはヴァル・キルマー演じるマッド・マーティガン
主人公はちょっと気弱な見習い魔法使い
決してかっこよくないし凄く強いって訳でもないけど、それがまたいいんだよね〜
ウィロー家族もほのぼのしてて良い家族♪旅から帰ってきたときの家族描写はうるうる物…

1988年の作品だからもう18年前の映画だけど今でも色あせていない映画なのデス

ちなみにJames Horner作曲のサントラは大事な宝物デス

willow[1].jpg

聴いてるだけでシーンが浮かんでくる〜
Willow's Themeはわくわくになってくる曲なのデス
posted by mello at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

剣と魔法のファンタジー Parte 1

土曜日から今日までちょっとずつ見て、5日かけてやっと見終わったロードオブザリング
今更なんだけどDVD買ったけど全然見てなくて一気に見たとデス

さすが有名なファンタジー小説の映画化だけあって面白いんだけど、いかんせん長すぎ!!
せめて一話が2時間くらいだったらまだサクサク見れたかも
それと話が重くて一話見た後にぐったりしたよ

CGは凄いんだけどあんまり凄すぎてありえない動きとかするから、やっぱり自分は駄目だぁ

とりあえず自分の中でのファンタジー物の一位は「Willow」でその位置はまだ揺らぎそうにない!と確信したとデス
posted by mello at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

パインウッドと007

自分は007が大好きで全作品DVD買っていつも見てる
一番好きなのは「リビングディライツ」
ティモシーダルトンがカッコいい!!
自分は親父好みのようだ…

そんな007の新作は「カジノロワイヤル」
随分前に映画化されたときは凄く変な映画でストーリーもはちゃめちゃ、トンデモ映画だったよ、何回見ても訳がわからないし…
そんな映画でも音楽は凄く良かった
バート・バカラックがいい曲書いてるね〜
主題歌の「愛のおもかげ」もタイトル聞いただけでは分からないけど曲聴けば、あ〜あ〜ってすぐ思い出す有名な曲だしね

今回のは原作に忠実らしいから期待大

007.JPG

だけど007役のダニエル・クレイグってどうなんだろ
なんか自分の中での007のイメージと全然違いから不安だよね

20060731-04622703-jijp-int-view-001[1].jpg

その撮影中の事、撮影スタジオのパインウッドスタジオが火災で007の撮影道具が燃えてしまったとの事
公開は08年予定だったんだけど延びそうだなぁ
007は長年パインウッドスタジオ使ってきてるから、ここが無くなるとどうなるんだろう…
早く再建して欲しいよね
posted by mello at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

Shaken Not Stirred

自分はスパイ物/刑事物映画が大好き
特に60/70年代物、敵味方がはっきりして今の映画みたいにドロドロしてないからね、見終わってスカッとするよ
そんな自分が家宝にしているCDはこれだ!!

shaken[1].jpg

Shaken Not Stirred スパイ物/刑事物映画の主題歌集
2枚組でボリューム満点!!
もちろん007やMission Impossible等の有名どころはしっかり抑えてあるし、日本ではあんまり聞いた事のない曲まで抑えていて文句無し!!
ジャケがSteve McQueenっていうのも鼻血ものだ!!これだけでも買う価値有りィィィィッッ!!

ただ残念な事は日本盤が出てない事…
amazonで4千円弱の値段付いてるけど、自分がHMVで買った時は2,500円くらいだったような気がするんだけどなぁ
人気があって値上がりしてるのかな、輸入盤は価格の付け方がよくわからん
聴きたいと思う心優しきお方は足を使って輸入CDショップで探してみよう〜
posted by mello at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

フライングハイ

久しぶりに「フライングハイ」2本立て見た〜
映画自体はもう30年近く前だから結構古いんだけど、すごく面白い!!
基本はいろんな映画のパロディでちょこちょこ散りばめてある系
といってもゲラゲラ笑うっていうのじゃなくて予定調和の笑い
だから物凄く見る人選ぶよね
ちなみに音楽がElmer Bernsteinで無駄に豪華だ!!

自分は「くだらね〜」とか思いながらくすくす笑って見る映画が大好き黒ハート
最近こういう映画無い様な気がする…
下手な超大作よりも大好きなんだけどなぁ〜
posted by mello at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

ポセイどん

「ポセイドン」見に行ってきたよ
「ポセイドンアドベンチャー」のリメイクだからちょっと不安だったけど、監督がペーターゼンだから大丈夫!!と自分に言い聞かせて見てた〜

   船   船   船   船

いろんなところで言われてるけど人間関係が希薄
っていうか全然感情移入しなかったなぁ、こんな映画も初めて

CGは凄いけど凄いだけかも、やっぱりCGになるといろいろ出来るからやりすぎなんだよね
ひっくり返ったときとか元の映画のほうが迫力あったもん

それと「カンカンカン」がなんかイライラした
えっもう終わり!!って思ったよ
元の方が印象的に使ってただけになんか小馬鹿にされた感じ

   船   船   船   船

と酷評だけど前作を見てなかったら結構楽しめるかも
CGは本当に凄い!!いままで見た中では最高のCGシーンかな〜

ちなみにペーターゼンは、激烈で凄く疲れる映画「Uボート」や有名な「ネバーエンディングストーリー」の監督デス
特に「Uボート」がオススメ
戦争映画で潜水艦の映画
生きることの厳しさ、戦争の空しさがグリグリ伝わってくるとデス
posted by mello at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

ダヴィンチコード

見てきました、がイマイチ内容がわからん…
なじみが無いキリスト教の事、しかも宗教観の話だからなぁ
やっぱり原作読んで予習した方がよかったのかも

字幕版見てきたんだけど、吹き替え版の方がどちらかといえばわかりやすいらしい
今度吹き替え版を見に行くことにしよう
posted by mello at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

War of The World

「宇宙戦争」を見に行った〜
あれだけ規制しいて小出しにしてたから期待十分だった!!


う〜〜ん、期待しすぎたかなぁ
確かにウェルズの原作にほぼ忠実なんだけど、もっともっとカタルシスあふれる物だとよかったかも
SFらしさから言うと前作(1953版)の方が面白いね続きを読む
posted by mello at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

War of The World

「宇宙戦争」を見に行った〜
あれだけ規制しいて小出しにしてたから期待十分だった!!


う〜〜ん、期待しすぎたかなぁ
確かにウェルズの原作にほぼ忠実なんだけど、もっともっとカタルシスあふれる物だとよかったかも
SFらしさから言うと前作(1953版)の方が面白いね続きを読む
posted by mello at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

Revenge of the Sith

Star Wars EPIII 見に行ってきた〜
前作もそうだったけどヨーダ跳ね回りすぎだね
まぁこれで前半3部作が終わったんか〜長かったね
ジョージルーカスの昔の話じゃ、あと後編の3部作が残ってるから気長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜に待っとくことにするよ

ちなみに、
前編-ダースベイダーの話
中編-ルークの話
後編-R2D2 & C3POの話
ってなってるらしい続きを読む
posted by mello at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Revenge of the Sith

Star Wars EPIII 見に行ってきた〜
前作もそうだったけどヨーダ跳ね回りすぎだね
まぁこれで前半3部作が終わったんか〜長かったね
ジョージルーカスの昔の話じゃ、あと後編の3部作が残ってるから気長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜に待っとくことにするよ

ちなみに、
前編-ダースベイダーの話
中編-ルークの話
後編-R2D2 & C3POの話
ってなってるらしい続きを読む
posted by mello at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

Will You Still Love Me?

結局GWはこれといって何もせずDVD借りてきてゴロゴロでしたよ
借りたのは
 ハンター
 荒野の用心棒
 市民ケーン
 ハムナプトラ1&2
 アタック・オブ・キラートマト完璧版
 世界でいちばん不運で幸せな私

ハンターはスティーブ・マックイーン最後の作品
マックイーンは渋くてかっこよくて一番好き
家庭にいるときの優しさと仕事のときの頑張りっぷりが良く出て◎デス
好きになったのは没後だけど、自分が映画を見始めるまでには生きてて欲しかったなぁ〜

荒野の用心棒はクリント・イーストウッド出演の映画
西部劇ってたまにしか見ないけど凄〜〜〜〜〜く男臭くてかっこいい!!
最初の2対1の決闘シーンでぎゅんぎゅん来ましたよ
ダーティーハリーとは違うかっこよさだね

市民ケーンはオーソン・ウエルズの映画
当時の新聞王ハーストの事を描いたものらしい
よく映画史上最高作とか言われてるけどそうでもないなぁ
確かに映像とかカメラワークは凝ってるけどストーリーは良く分かんなかった
2〜3度見れば分かりそうだけど多分あんまり見なさそう

ハムナプトラ1&2は昔のミイラ再生のリメイクと聞いて見てみた
昔みたいにちょっとした悲恋物になってるかなぁって見てみたら…
全然違う映画だった!!確かにイムホテップは出てくるけどなんだかなぁ
CGは凄いんだけどちょっと鼻につくかなぁ、それに自分あんまりCG好きじゃないんだよね…
いまいちでした

アタック・オブ・キラートマト完璧版はトマトが人を襲う!!というC級くさい映画
完璧版で何が変わったんだ??と思ってみたけど最初にいらん監督のコメントが入ってるだけで変わったところはわかんなかったよ
相変わらず馬鹿らしい、ある意味マーズアタックの原型かも

世界でいちばん不運で幸せな私は男と女のゲームごっこ
お互いのゲームがどんどんエスカレートしてなんか変だ、犯罪はやったらイカンでしょ
好き嫌いがはっきり分かれそう、フランス映画らしく変な感じでしたよ

まぁどれも一回は見てみることをオススメしまする
posted by mello at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

Drunken Master

今日のテレ東系映画は「酔拳」
あ〜この前借りなくてよかったよ、Goodタイミングだね
やっぱりジャッキーの声「石丸博也」さんだよね
他の吹き替えは考えられないなぁ
最近のDVDに吹き替え入ってないのが残念…
カ〜ンフ〜ジョ〜〜〜ン
posted by mello at 22:05| Comment(7) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

Tree people

DVD借りてきた〜「少林寺木人拳」しぶい!!しぶすぎる〜〜
でもジャッキーチェンってこの頃のが一番すきなんだよね〜
なんか本当に肉体派って感じで
今のはスタント無しとは言うけどなんか肉体派って感じはしないよね

本当は「笑拳」か「酔拳」がよかったんだけど貸し出し中でしたよ

「少林寺木人拳」は凄〜〜く暗い
ジャッキーチェンは喋れないし少林寺はく〜らいし、おまけにマスターテープの状態が悪いのかあんまりきれいな画像じゃないし…
師弟対決は見ものデス、最後まで悪を貫き通した大ボスがいいのデス
あそこで改心でもしたらゲンナリだったよ
posted by mello at 21:24| Comment(3) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

Soylent Bread

土曜日のアルマゲドンに腹が立ったのでビデオ借りてきた〜
『ストーカー』と『ソイレントグリーン』

ストーカーといっても変質者の話じゃないからご安心を〜
旧ソ連の映画で監督がアンドレイ・タルコフスキーだから自然描写が凄くきれい
『ソラリス』にも言えるけど水の流れとか葉の動きとかとにかく細かいからそれだけ見てても面白いね〜
話はある国にある「ゾーン」と呼ばれる場所、そこにはなんでも望みがかなう「部屋」がある
そこに行くまでの案内人「ストーカー」の話
まぁ正直わけがわからないストーリーなんだけど一見の勝ちあり!!

ソイレントグリーンは、
プランクトンも死滅し人口も爆発的に増えた未来、「ソイレントグリーン」という食物をみんな食べているけどその材料は??
っていう話
ネタはおいしいのに結構たんたんとした感じでちょっとがっくり
ただベートーベンの「田園」が印象深いところで使われててちょっとトラウマしそう
もう「田園」はあんまり聴けないなぁ
posted by mello at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする